機内への持ち込みは要注意

水平線と空

機内への持ち込みは要注意

格安航空券はうまく使えれば旅行の計画を助けてくれる存在ですが、その背景には様々な条件があります。
その条件をクリアできる人で、リスクを理解している人でなければ、格安航空券を使いこなすことは難しいかもしれません。

格安チケットと機内持ち込み

機内販売のワゴン
格安チケットが実現されている背景には、様々な利用者サービスをカットしている、ということがあります。
こういった航空会社側の削減の努力によって、航空券の値段自体がだいぶ安くなっているという現実があるのです。
そして、その中には発着時間の利便性であったり、機内で行われるサービスの数々も含まれています。

例えば、機内食などは代表的なものであり、格安チケットの場合には基本的にこの機内食の無料サービスというものがありません。
これが航空券の値段に含まれていないためで、機内で何かを食べたいと思ったら、有料サービスを利用する必要があります。

荷物の持ち込み制限に気を付ける

機内には、有料で飲食のサービスがありますので、これを利用することが推奨されており、飲食物の持ち込みをすることができなくなっています。
また、行きは特に問題がないかもしれませんが、帰りには少し気をつけなければならないポイントがあります。
それは、持ち込む荷物の重量や種類によっては、持ち込みを断られてしまうというケースがあるということです。
これは航空会社の種類によっても異なってくるので、事前に自分が使う航空会社の特徴を調べておく必要があります。
旅行先でものを買いすぎてしまって、それが重量制限に引っかかって持ち込みできないとなってしまうと、もう目も当てられません。

格安のシステムに理解を示す

持ち込みが厳しく制限されているということも、格安が値段を実現するために行われている施策の一つです。
なので、格安という値段でチケットを利用するのであれば、そういった事情があることは理解しておき、不便さを覚悟しておく必要があります。
そういった制限があるということを受け入れたうえで、航空機を利用するということを格安チケットを手にした時点で意味することになります。
行きで発覚してトラブルになるぶんはまだいいかもしれませんが、もし帰りに何か持ち込みでトラブルになってしまったとしたら、持って帰るものを何か捨てなければならないということにもなりかねません。
現地でそんなことになって涙をのまないように、格安のルールと制限については特によく気を配っておくとよいでしょう。

  ← 前の記事: